看護部のご紹介

●看護理念

温かい心、やさしい言葉、誠実な態度で、精神科患者さんを支えます。

●看護方針

  • ●患者さんの痛みがわかり思いやりを持ちます。
  • ●日々、知識・技術を磨きます。
  • ●自己の人間性の向上につとめます。
  • ●主体性を持ち責任ある行動をとります。
  • ●洞察力を養い事故防止に努めます。

●看護部について

看護部では、理念にもあるように『温かい心』『やさしい言葉』『誠実な態度』を基本として患者さん中心の医療や看護・介護を提供するため、24時間体制で患者さんと向き合い、安心・安全な療養生活が送れるように援助を行っております。
【いつでも】【どこでも】【誰にでも】明るい雰囲気で気持ちの良い病院だと思って頂けるような対応をしていきます。
当院に通院・入院する患者さんはもちろんですが、患者さんを支える職員も明るく笑顔が絶えない職場づくりを目指して努力しています!
現在、接遇面はもちろんの事、教育面にも力を入れており、自主的な勉強会を始め、院内・院外での研修にも多く参加しています。

看護師育成支援制度あり

kaigofukushishi01

看護師・看護補助教育・研修

病棟案内・看護体制

過去の研修一覧(PDF)

●看護師の主な業務

  • ●24時間体制で生活全般を観察及び援助
    (看護補助業務参照)
  • ●服薬の管理(薬の作用、副作用の観察)
  • ●診療の補助
  • ●主治医、他部署との連絡調整
  • ●看護計画にそった援助の実施・評価・修正
  • ●看護記録
  • ●バイタル測定
  • ●活動の援助

●看護補助の主な業務

  • ●患者さんの身の回りのお世話
  • ●活動の援助
  • ●買い物の援助
  • ●移送、歩行の援助
  • ●食事、水分補給の援助
  • ●洗面、口腔ケア、整容の援助
  • ●入浴、更衣の援助
  • ●排泄援助
  • ●物品の点検、清掃
  • ●環境整備
病棟案内
1病棟

「精神療養」「男女混合開放病棟」「60床」

開放病棟の自由な雰囲気の中で社会復帰を目指し、OT活動や生活指導を積極的に行う。一部身体機能低下の患者さんには日常生活の援助を行う。

hospitalization_photo06

2病棟

「精神一般」「男子閉鎖病棟」「隔離室」「70床」

2病棟では、疾患別に幅広く、急性症状と慢性症状の患者さんが対象となり、薬物療法やOT活動、生活指導を積極的に行う。

隔離室では、自傷他害・興奮・衝動行為などの為、一般病棟に適応できずに、隔離を必要とする患者さんを対象とし、薬物療法を中心に、濃厚な治療・看護を行う。

hospitalization_photo07

5病棟

「認知症治療病棟」「60床」

認知症の患者さんに対して、生活訓練や機能訓練を行い、温かい環境のもとで日常生活の援助を行う。

hospitalization_photo08

6病棟

「精神一般」「男女混合開放病棟」「50床」

高齢で寝たきりの患者さん及び、合併疾患により身体機能が低下した患者さんに対して、集中的な治療、看護を行い、生活全般に援助を要する患者さんには残存機能を活かした介入を行う。

hospitalization_photo09

7病棟

「精神療養」「男女混合開放病棟」「60床」

慢性期の患者さんや高齢による身体機能の低下の患者さんが多く、OT活動と共に日常生活の援助を積極的に行う。

hospitalization_photo10

8病棟

「精神療養」「女子閉鎖病棟」「60床」

慢性期における陰性症状の患者さんと、一部陽性症状のある患者さんを対象として薬物療法や日常生活援助を中心に行う。

hospitalization_photo11

入院に必要なもの
  • 洗面用具(洗面器、プラスチックのコップ、歯ブラシ、歯磨き粉)
  • 石けん(ボディソープ)、シャンプー類
    ※ポンプ式ではなく、ボトル式の物を準備して下さい。
  • 動きやすい普段着、下着
  • 運動靴(介護シューズ)、サンダル
  • 電気カミソリ
    ※充電コードが使用出来ないため電池式もしくはコンセントに直接充電機を差し込める物を準備して下さい。

入院する病棟によって必要な物が異なりますのでお尋ねください。

入院手続きに必要な物
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 各種医療受給者証(お持ちの方のみ)
  • 限度額適用認定証・標準負担額減額認定証
    下記の要領で申請し、当院へご持参ください。
    国民健康保険、後期高齢者医療 → 住所地の区役所又は役場の窓口
    協会けんぽ → 郵送で手続きできます
    組合、共済 → 勤務先でお尋ねください
  • 入院保証金 50,000円
    (退院精算時にお返しいたしますので預り証を大切に保管してください)
  • 日用品費他 入院時に40,000円お預かりしております。
    (毎月、先に見込み額をお預かりします)
    月末締めで入院費の請求書とともに残額をお知らせいたします。
退院手続き
退院となりましたら当日精算となります。事務所にてお願いいたします。
(保証金の預り証をお持ちください)
ご家族の方へのお願い
次の場合は至急病院までご連絡ください。
①ご家族及び患者様の住所並びに連絡先等に変更がある場合
②健康保険等に変更がある場合
面会について
面会時間は13:30~16:30です。
(特別な事情で時間外に面会される方は事前にご連絡ください。)
受付においてある面会受付表にご記入ください。
酒気帯びの方の面会はお断りいたします。
入院生活上必要な物
入院される病棟によって必要な物は異なりますので入院時にご説明させていただきます。
尚事故防止の為、危険物(刃物、ライター、ひも、コード、ガラス類等)は持ち込みできません。
おいしい給食
入院中のお食事は、患者さんそれぞれの疾患と嚥下状態に合わせた治療食を提供しています。入院中でも季節を感じていただけるよう、四季折々の食材を使用した行事食を取り入れています。患者さんからのリクエストや食事へのご意見をもとに、日々より良い献立つくりを目指しています。

hospitalization_photo13 hospitalization_photo12 hospitalization_photo14
精神科作業療法

●作業療法とは??

精神科治療におけるリハビリテーションです。院内の作業療法として生活のリズムを整える・健康管理や体力作り・社会生活に向けた準備等を目的としています。

●プログラムの紹介

健康増進と体力作り・維持

健康増進と体力作り・維持

体操・散歩・軽スポーツ・レクリエーション

趣味的活動

趣味的活動

手工芸〈陶芸・クラフト・刺し子・手芸など〉・音楽・創作

院外活動

院外活動

グループ買い物・バスハイク

認知症予防

認知症予防

ほのぼの会・転倒予防体操・頭の体操

細かい治療に関しては主治医にお尋ねください。

年中行事
当院では院内・院外で四季折々の様々な行事を行っております。
皆さんに楽しんで頂けるように患者様と一緒に協力して開催しています。

2月 節分祭 3月 ひな祭り会 4月 花 見
6月 バスハイク 7月 バスハイク 8月 納涼祭
10月 文化祭 11月 バスハイク 12月 クリスマス会・餅つき

院内・院外活動状況

よくある質問

面会ついて

・休日、祝日にかかわらず面会が出来ます。
・面会の方は、必ず受付にて面会受付票に氏名・続柄をご記入ください。
・面会時間は13:30~16:30です。
・時間外の面会及び長時間の面会は、特別な理由がない限り治療上の妨げとなりますのでご遠慮ください。
・酒気を帯びての面会は、固くお断りいたします。
・事故防止の為、危険物(刃物、ライター、ひも、コード、ガラス類等)又は金銭を直接患者様に渡されないようお願いします。

洗濯物はどうしたらよいですか。

私物の洗濯は原則ご家族の方にお願いしております。遠方等の理由で最低週1回程度来院できない場合には病棟スタッフへご相談ください。

起床時間・就寝時間を教えてください。

起床時間は6:00、消灯時間は22:00となっております。

入院費はどのくらいかかりますか。

保険の種類や所得区分によって異なりますが、一般的な所得の方ですと医療費と食事代あわせておよそ10万円前後かかります。また医療外費用(オムツ類等)を別途ご負担いただきます。ただし、いろいろな制度を利用してご負担を軽減できる場合がございます。ご不明な点は当院事務所へお問い合わせください。