H28年 12月 勉強会 『浮腫のある患者さんの看護』

dsc03968

【勉強会の内容】

1:浮腫とは?

2:浮腫の好発部位

3:観察のポイント

4:浮腫のある患者さんの看護

 

dsc03966

 

【浮腫緩和のための看護】

 

・皮膚は、薄く組織が粗くなっているため傷つきやすいため

 柔らかい素材の寝衣を選び、しわをつくらないように気をつける。

 

・清拭時は、強い摩擦を加えないようにする。

 

・点滴ルートやバルーンルートなどが身体に接して圧迫を起こさないようにする。

 

・血行が悪く冷感を感じやすいため、室温や寝衣の調節をし

 抹消循環を良くする。

 

・オムツを使用している場合は、小さすぎるものは皮膚を圧迫するため

 浮腫を考慮したサイズを選択する。(特に腹部と鼠径部に圧迫痕を残しやすい)

 

dsc03969

 

お忙しい中、多数参加して頂きありがとうございました。